三菱マテリアルトレーディングの
担当営業が推す!

推し博覧会

今、社会が直面するさまざまな課題を解決へと導く「モノ」の力。
「モノ」が持つ豊かなポテンシャルを最大化する「ヒト」の熱意。
その出会いから始まる物語が、ビジネスの新しい可能性を広げていきます。

NEWS
  • 「営業推し製品」の各詳細ページを追加いたしました。

  • 「推し博」特設サイトを公開しました。

担当営業の推し製品1

(除菌性・耐変色銅合金)

先端材料部 國分 大輔
先端材料部

國分 大輔

銅合金を含めた特殊金属全般の材料および、半導体業界で使用されているシリコンウェーハ製品を担当をしています。銅合金では、今までにない用途開発などを取引先と連携して製品化した実績を持ち、材料販売だけではなく製品企画からソリューション型提案まで対応いたします。

推しポイント

銅や銅合金は、菌やウイルスを短時間で不活性化させる特性を持っています。新型コロナウイルスの拡大以降、この優れた性能に注目が集まるようになってきました。銅・銅合金を人が触れる部分に使用することで、感染症対策の一助になるのではと期待されています。しかし、銅や銅合金は変色しやすいという特長も併せ持っています。変色しても抗菌・抗ウイルス性能は変わらないのですが、見た目で敬遠され、普及は進んでいません。

シャンパンゴールドの色調をもつクリーンブライト®
シャンパンゴールドの色調をもつクリーンブライト®

三菱マテリアルのクリーンブライト®は、長期間継続する抗菌・抗ウイルス性能はもちろん、優れた耐変色性能を持つ開発銅合金です。環境にもよりますが、病院で9年間使用したドアハンドルでも目立った変色は見られず、継続してご使用いただいています。また、シャンパンゴールドの温かみのある色調で意匠的にもご好評をいただき、2014年、金属材料表面の美的評価向上に関する優れた技術・業績を表彰する「大谷美術館賞」を受賞しました。

銅合金の中で優れた耐変色性を持つクリーンブライト®
銅合金の中で優れた耐変色性を持つクリーンブライト®

製品形状はコイル状に巻いた条製品、板製品、パイプをラインアップし、厚みは0.15mmから3.0mmまでご用意。幅は最大1000mmの広幅の供給も可能です。材料特性としては、ステンレス並みの強度を持つ良好な機械的特性と加工性を兼ね備えています。形状や大きさにもよりますが、加工した状態での提供も可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

※クリーンブライト®/CLEANBRIGHT®は
三菱マテリアル株式会社の登録商標です。

担当営業の推し製品2

RoHS・ELV 対応 鉛フリー黄銅

推しポイント

エコブラスシリーズは、三菱マテリアル株式会社が独自に開発した、高品質・高コストパフォーマンスを実現する鉛フリー黄銅素材です。2000年に販売を開始して以来、世界累計で30万トンの販売数量を突破しており、世界シェアNo.1の次世代型黄銅素材となります。また、JIS、ASTM、EN規格に登録されているスタンダード材であり、累積販売量の約7割を欧米で占めていることからもわかるように、全世界で認知されている素材です。日本国内メーカー様だけではなく、世界各国の大手メーカー様で採用実績があります。今、SDGs達成に向けて各企業が社会的責任を問われる中、エコブラスシリーズは、目標へのアプローチにも大きく貢献できる素材として注目を浴びております。

ECOBRASS®︎製品写真
ECOBRASS ®製品写真
Glo Brass 製品写真
Glo Brass 製品写真

2020年9月にはシリーズ最新作「GloBrass:グローブラス」を開発し、リリースいたしました。グローブラスは一般黄銅をベースに開発された鉛フリー黄銅の新製品です。高強度、優れた切削加工性および、エコブラス®の約2倍の導電性を有しており、細棒のご提供も可能です。そのため、鉛含有快削黄銅が用いられるようなボリュームゾーンに適用でき、代替材として最適です。

エコブラスシリーズは、軸となる「ECO BRASS®」など、3種類を規格化。鉛含有快削黄銅に比べて高強度、優れた耐摩耗性、耐腐食性を有し、車載部品、電気部品、水栓金具などで採用例があり、幅広く使用されています。

※エコブラス®/ECO BRASS®は
三菱マテリアル株式会社の登録商標です。

担当営業の推し製品3

エフロンティア™

表面の「濡れ」特性制御
(親水撥油/撥水撥油処理)
電子材料部 三宅 一浩
電子材料部

三宅 一浩

妻の「稼いでね!」という言葉に背を押され毎日元気にお仕事に励んでいます。社会人デビュー以来、建築材販売において現場の大切さを知り、電子部品の販売において人とのコミュニケーションの大切さを知り、結婚して小遣い値上げの難しさを知りました。元はメーカー営業として活動しておりましたが、現在は商社営業マンとして活動。人に優しく、環境へ配慮した製品をご紹介しています。

推しポイント

エフロンティアは、三菱マテリアル株式会社とそのグループ企業である三菱マテリアル電子化成株式会社のフッ素機能性コーティングシリーズ、およびその他応用製品の総称です。ここでは、2種類の防汚塗料をご紹介します。

親水撥油剤・撥水撥油剤
親水撥油剤・撥水撥油剤

この分野は、水も油もなじむ「親水親油」、水をはじいて油になじむ「撥水親油」、水も油もはじく「撥水撥油」の製品が一般的ですが、水になじんで油をはじく「親水撥油」は今までなかっユニークな製品です。当初はこれをどう活かすか悩みましたが、ユニークな性質を利用し、フィルターへ含侵させて油だけを取り除く廃液処理に着目。水と油の混合液を、水と油に分離し、水はそのまま流して油のみを廃棄、もしくは回収して再利用することで、廃棄コストを低減し、環境に配慮した処理を実現します。

親水撥油性能

また、「撥水撥油剤」は、基材にコーティングすることで水も油もコロコロ転がり、よごれを防止。油まみれの器具や設備、中の様子が確認できないのぞき窓などにコーティングすると清掃頻度の軽減につながり、気持ちの良い環境で作業ができます。今、人と環境に配慮した取り組みは企業経営に欠かせない要素。エフロンティアの「親水撥油剤」と「撥水撥油剤」は、人が暮らしている空間を快適にし、地球環境にも配慮した製品としておすすめです。「ここに塗れる?」「これは分離できる?」など、お問合せいただければ幸いです。

担当営業の推し製品4

油水分離
フィルタエレメント/
フィルタユニット

簡単・迅速に水と油を分離

推しポイント

この油水分離フィルタユニット、結構いけます!エフロンティアの「水になじむ(=通す)+油をはじく」という特性を利用。親水撥油剤を、油水分離フィルタユニット内部にセットしたフィルタエレメントの「ろ紙」に含侵させ、水と油の分離を可能にしました。

油水分離フィルタエレメント
油水分離フィルタエレメント

フィルタエレメント1本あたり3ℓ/minの処理能力を有し、ユニット1回の循環で約98%の油分除去が可能。フィルタエレメントを2本使用した油水分離フィルタユニット(2筒式)で処理を行うと、ドラム缶1本分、約200ℓの油水を約30分で水と油に分離します。廃棄に関わるコスト低減をサポートするとともに、なによりも環境に配慮した廃棄が可能になります。

ハイドロターン フィルタエレメント

ステンレス製、樹脂製(PVC、PP、PMP)など、製品バリエーションも豊富。また、コンプレッサードレンの油と水を分離するドレンセパレータユニット(ステンレス製)も揃えています。ゴミを分別して出すように、水と油も分離して廃棄することをおすすめします。さまざまな廃液の分離に対応し、異物が含まれていたとしてもユニット前段にプレフィルターを取り付けておけば、高精度な油水分離ができます。

このプレフィルターを含めた「総合的な油水分離ユニット」のご提案が可能です。先ずは分離したいと思われている液をサンプルとしてお送りください。サンプルで油水分離試験を行い、どの程度の分離が可能か、また油分濃度をどの程度抑えることができるのかご提案します。

担当営業の推し製品5

FARO社 Focus Laser Scanner
3Dレーザースキャナー

機材部 丸田 英治 松並 卓矢
機材部

丸田 英治 
松並 卓矢

私たちは三菱マテリアルグループ内で展開しているWEB購買システムの運営を担当し、購買データの分析・顧客需要の把握・新商材のご提案を行っております。また、さまざまな機械装置などの営業もしており、顔を合わせた営業によって、現場で必要とされる商材のご提案に努めております。 昨今、三菱マテリアルグループでもDX推進が謳われており、新情報を積極的に取り入れ、お客さまに寄り添ったご提案ができるよう、日々精進を重ねております。

推しポイント

FARO社の正規代理店として3Dレーザースキャナー機器販売から計測受託業務まで、さまざまな測定ソリューションの提供事業を開始しました。FARO社は米国を拠点に、古くからグローバル展開を行う業界トップクラスの企業です。日本国内にもメンテナンスの拠点があり、迅速な対応が可能です。

FARO社 Focus Laser Scanner
弊社はFARO社正規代理店です

FARO社製品の一つ「Focus Laser Scanner」は、現場の状態を安全かつスピーディーに点群データとして取り込み、さまざまな分析・検討に活用できます。主に、エンジニアリング・建設・安全・科学捜査・プロダクトデザインの分野で業界トップクラスの高精度で現場情報を取得し、工場への機器搬入ルートやレイアウトの計画、現状の図面化(2D・3D)、CADデータとの比較などが可能です。従来の手法よりも工数を大幅に削減できるためコストダウン、DXの推進に寄与します。

撮影風景
Focus Laser Scanner を使った計測風景

「工場設備のレイアウト検討の際、竣工時の図面だけでは不明な点が多い上、手書きの図面だった場合、測定値を取得するには作業日数が長く掛かる。また測定箇所によっては高所作業など安全な作業環境を確保する事が困難な現場が多い」など、多くのお客さまからいただく声も、FARO社の3Dレーザースキャナーをお使いいただくことで解決できます。

弊社では、お客さまの実際の現場でのデモンストレーションを実施し、ご要望に沿った点群データの活用まで、トータルでご相談を承ります。ぜひ、何なりとお問い合わせください。

担当営業の推し製品6

進化系DLC
コーティング

半導体、FC、風力発電等の
基幹部材
特性改善に

戦略・マーケティング部 渡辺 信也
戦略・
マーケティング部

渡辺 信也

既存業務の継承から外れ、30年近く新製品開発を追求してまいりました。メーカー営業にはない、幅広い技術・製品提案が得意です。特に光通信関連機器や電子線装置関連では、当時の経営幹部に専門の販売部署を新設していただき、責任者として販売の最前線に立ってまいりました。現在はDLCなどの表面処理とCFRP(炭素繊維複合材)複合材・リサイクルの用途開発に尽力中です。

推しポイント

DLC(ダイヤモンドライクカーボン)コーティングは、幅広い分野で用途が急拡大。その背景には、まだ知られていないDLCが持つ奥深い基本特性があります。極薄膜厚(数nm~数μm)での強靭な膜強度(GPa25~80)や低摩擦係数(0.05~)など、塗料やメッキといった他のコーティングにはない基本特性に加え、素材への優れた密着強度があります。

風力発電軸受部の摺動性・耐久性向上
風力発電軸受部の摺動性・耐久性向上

また、近年では、ダイヤモンドとカーボンの特性を活かした絶縁性・導電性といった、本来相反する特性の制御と向上などが可能になっています。同様に親水性・疎水性のコントロールによるさまざまなバリア特性制御なども注目されています。

各種精密金型・自動車部品の摺動性・離型性向
各種精密金型・自動車部品の摺動性・離型性向

これら新分野での技術開発を背景に、当社が推奨する受託DLCは独自の進化を遂げてきました。その最大の特長は、さまざまな材種・形状・使用環境などに対応する幅広い膜種とノウハウの保有です。超硬・セラミックに代表される高硬度材から、低温処理が要求されるゴム・樹脂などの軟質材まで、数多くの材質・用途実績があります。

大型部材への高精度・低ミュー成膜も可能。また、水素フリータイプのDLCも導入しましたので、より強度や耐久性が要求される用途への応用も期待されています。さまざまな膜種の中から提案させていただき、コーティング加工を受託させていただきます。まずは、お客さまが検討したいサンプル(基材)を当社にお送りください。お客さまの多様なニーズにお応えします。

担当営業の推し製品7

CFRP+ アルミ等軽量材

発泡樹脂との多層化による高付加化

推しポイント

CFRP複合材の最大の特長は、高強度・高精度・量産性・軽量化・耐蝕性などのメリットを活かした独自のモノづくりが可能であること。車載用機能部品をはじめ、産業用・介護用ロボットアーム・ギア、カメラ用超望遠レンズボディーなど、国内外数多くのユーザーさまに精密部品をご提供しています。

光学・プリンター等精密品耐久性・耐食性向上
光学・プリンター等精密品耐久性・耐食性向上

軽量化関連製品へのニーズが高まる今、当社は新たな試みとしてCFRP/GFRPに発泡コア樹脂や軽量材のアルミを組み合わせた各種複合・多層材の技術・製品をご提案。性質の異なる軽量素材との組み合わせにより、従来の製品では成し得なかった大きな可能性を追求しています。全てを炭素繊維やエンジニアリングプラスチックなどで設計・製造した場合、製品強度や軽量化などは得られる反面、コストが高くなってしまいます。そのため、当社では本来CFRPが持つアドバンテージは最大限に活用しつつ、より低コストの素材と組み合わせることで購入しやすい製品をご提案。また、CFRPの使用量削減に伴う強度面での不安などについても、お客さまに向き合った対応を行っております。

ドローン用プロペラガード軽量・低コスト化
ドローン用プロペラガード軽量・低コスト化

さらには、三菱マテリアル直系商社としての強みも存分に発揮。多機能ドローン部材や高級杖、スポーツ用ステッキ、住宅用システムポールなど、方位性脆弱強度を考慮した訴求強度設計を基本に、より軽量化に向けた提案などを行っています。まずはお客さまが現在悩んでおられる製品や技術課題をお聞かせください。誠意をもって対応いたします。

担当営業の推し製品8

制振材

「音」を制する

名古屋支店 孫 明哲
名古屋支店

孫 明哲

現在、自動車用内装塗料と機能性塗料(制振、自己修復、導電性など)を中心とした拡販活動を行っております。営業職に就く前は、長年塗料開発の技術職として塗料全般、特に各種プラスチック用塗料の開発に携わっていました。塗料の設計開発経験を活かして、お客さまのお悩みやさまざまなご要望に迅速に対応できるよう心掛けております。

推しポイント

“音”の元となる振動を抑えるユニークな塗料タイプの制振材です。これをベースに応用製品も多く取り揃えております。一般的な制振材との大きな違いは、「重量則」に頼らない点です。振動は重量を与えれば抑えることができますが、この制振材は内部の分子構造に特長を持たせて振動を吸収するため、対象物を重くしなくても振動対策ができ、結果として軽量化に貢献します。

塗料タイプの制振材塗布例
塗料タイプの制振材塗布例

本制振材は3種類あります。金属、樹脂を問わず複雑な形状や起伏にも処理できる「塗料タイプ」。粘着処理剤を施しているため塗装作業なしですぐに使うことができ、防音・断熱の効果も併せ持つ「貼り付けシートタイプ」。そして、柔軟性に富む極薄のシートを採用し、優れた衝撃吸収性も発揮する「エラストマータイプ」。大小バリエーションなど、さまざまなラインアップをご用意しています。

粘着剤付貼り付けシートタイプの制振材
粘着剤付貼り付けシートタイプの制振材

近年、ハイブリッド車(HEV)、電気自動車(EV)の普及により、従来はエンジンが発する音で聞こえていなかった音が目立つようになったという新たな課題があります。本制振材は、そのような課題の対策に効果を発揮。広い範囲の周波数に対応可能な上、他の制振材から置き換えることによる軽量化も実現します。もちろん、さまざまな電子機器系からの音の対策にも使用できます。さらに、自動車以外にも、家電製品や事務用機器などに適用が可能です。

さまざまな商材の
提案から加工まで

多種多様な製品・技術に精通した人材、お客さまの業界の実情を理解した人材を揃え、自信を持ってお客さまのご依頼にお応えしています。

お悩み事は私たちに
ご相談ください